読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それを運命と呼ばせて

今の世界で この地球で アナタとボクがほら出会った これを何と言う? JUMPの「サム&ピンキー」が好きだ。光くんがこの歌に込めてくれた気持ちが好きだ。 ファンにとってのアイドル。アイドルにとってのファン。互いにとっての存在理由、その全てだと勝手に…

君はレグルス ー光くん、25歳おめでとうー

君はレグルス 獅子座の一等星 太陽の道に坐す一つ星 指先に小夜曲 静寂に祈りの歌を 正しさと厳しさ 弱さと優しさ 勇気と覚悟が 君の声 君の牙 深淵に手を伸ばし 煌めきを飲み干したら 天をつんざく咆哮で 君が呼ぶ夜明けを迎えにいくよ 君はレグルス 輝きこ…

アイドルのアイドル ~知念君お誕生日おめでとう~

知念くん、22歳おめでとうございます!!! デビューした頃、あんなに小さくてキュートだった知念くん。 私の大好きな嵐のTimeコンDVDでは、翔ちゃんに頭撫でられて「ちっさいなー!!」と言われて、照れたような困ったような笑顔を浮かべていた知念くん。 …

君に、ありったけの花束を。

昨日、いや、日付的には今日だけど、眠りに落ちる前、ふと思った。 田口くん、今頃泣いてないかなって。 何の前触れもなく思った。 私は考えたことを文字にして吐き出してしまえば、その分心が軽くなる、よくわからない体質で、最初の混乱も、あの日の動揺し…

君の瞳が、泣き叫んでいた。

今朝、流れていくワイドショーを聞きながら、いつもより丁寧に化粧をした。 私には今日一日を乗りきるため、自分を奮い立たせるものが必要だった。 テレビの中に映るスポーツ紙の一面には大きく、田口くんの脱退を告げる記事が載っている。 現実なんだ。 頭…

言うだけならタダだから ~JUMPにやってほしい殺人鬼役①~

オタクは一人遊びが上手だと思う。 idolko.hatenablog.com 今夏流行った村焼き力の高いジャニーズといい、こちらの記事といい、一人で勝手に妄想を繰り広げ、あーオタク楽しい!(大の字)となる。 私も例外じゃない。軽率に自担で想像した。伊野尾ちゃんな…

ぜんぶ、やさしい思い出になるように~KAT‐TUN COUNTDOWN live2013-14 感想~

9コンDVD以降、私がRAYが好き好き大好きと言っていたら複数の方から1314カウコンの炎と水を操るKAT‐TUNを見てくれ!とたくさんおすすめして頂きました。教えて下さったみなさん、ありがとうございます。KAT‐TUN担の優しさに支えられて生きてます。早速買い…

君は幸せの匂いがするね

今日ね、本屋さんに行ったんですよ。山田君の+actが欲しくて。でもまだ地方には入荷していませんでした(当たり前)どうやら日付感覚が麻痺してるようだ。でもせっかく来たし、本屋好きだし、ふらっと雑誌を物色してまして。 ああ、そういえば伊野尾ちゃんの…

夜は全てを優しく包み込む ~グラスホッパー感想~

※ 映画「グラスホッパー」のネタバレを含みます!!

最果ての出発点から始まりの鐘を鳴らす君へ 〜グラスホッパー公開に寄せて〜

才能というものは、努力を続けるための資格なのだという。 天才ほど、常人の何十倍もの努力をしなければならない。 平穏な日常という幸せを、犠牲にしても。 ドラマ「掟上今日子の備忘録#4」より 先週のドラマの冒頭で、このモノローグが流れた時、反射的に…

ダンスを揃える、ということ

ここ数記事、KAT‐TUNのことばかり書いていましたが、ようやく腰を据えてキミアトPVを見られたので、感じたことを書きたいと思います。 今回JUMPの新曲「キミアトラクション」はビデオクリップver.とダンスver.と二種類のPVが制作されました。私が見ているの…

ジャニヲタ文芸部 第0回「担当」

全力入部希望。 たくさん記事が集まるといいなという期待もこめて。 「君の絶対の美しさが怖くて、僕はあの日泣いた それは、この世に生まれ落ちた日と同じ 全部がまっさらなことへの畏れと喜びだった」 私が伊野尾ちゃんに落ちた日のことを、ポエム風にした…

ダンスの神様に愛された君を愛したい~RAYの田口君が鬼かっこいいって話~

まず、一個下の記事のこと。たくさんお読みいただきまして、本当にありがとうございました。また、ツイッターや、ブログ記事にてコメント下さいました皆様も、温かいメッセージありがとうございました。すべてありがたく読ませていただきました。本来なら個…

それは揺るぎない旗印~KAT‐TUNコン「quarter」感想~

初めてKAT‐TUNのライブDVDを見ました。 そもそも私が今回、よし買おう!と清水の舞台から飛び降りるきっかけになったのが、こちらの記事です。 smile-k2-donald23.hatenablog.com 今回買った「quarter」のCM。かなりインパクトがあったと思います。発売日辺…

鬼龍院翔という天才~ジャニヲタ、金爆のライブに行ったってよ~

21日 マリンメッセ福岡で行われたゴールデンボンバーのライブに入ってきた。 人生で二回目の、ジャニーズ以外のライブである。会場を埋めるお客さんの姿も年齢層も、ジャニーズのそれとはまったく異なる。うちわもない。ペンライトもほとんどない(グッズに…

UNIONの「アドレナリン」に関する私的考察

美味しいお寿司と日本酒でめっちゃほろ酔いです、いえーい。 ほんとはこのままお布団へダイブしたいんだ。でも今日べいじゃんなんだ。やだ!眠りたくない! そうだ!ブログを書こう! というわけで夏以来、悶々と考えてきたUNIONに関する覚書をしたためます…

そうして季節は巡る

Hey! Say! JUMPの2015年ツアー「JUMPing CARnival」が無事オーラスを終えた。 この三連休は、シルバーウィーク以来の連休で、久しぶりにまったりしたり、髪を切ったり映画を見たりして、リフレッシュしながらも、心のどこかはずっと、横浜の上空を漂っていた…

君たちに見る永遠、君たちと感じたい刹那

嵐の2015コンサートツアーの当落発表も終わり、今年の終わりが近づいているのを肌で感じる今日この頃。 もう息をしていないと思われていた自分名義は、今年見事に仕事をこなし、無事嵐に会えることと相成った。 2013年LOVEツアー以来なので二年ぶり。まだ実…

エヴァ20周年おめでとう!

いやー、めでたい!!唐突にアニメの話です!! 20年前の今日、つまり1995年10月4日、地上波で「新世紀エヴァンゲリオン」が放映されたのだ。 ということは、その日私はテレビの前で、今まで見たことがないほど、かっこよくて謎めいたOPに心を鷲掴みにされ…

思い出した世界の色は、あの宇宙と同じ深さ――Mステ10時間ライブ感想

少し時間は経ってしまったけれど、書いておこうと思った日が吉日だろう。 シルバーウィーク最終日、在宅ジャニオタをテレビの前に釘付けにした、Mステ10時間ライブ。 JUMPのパフォーマンスはちょっとだけ、脇に置き、いま私が書き残したいのは嵐のことだ。 …

君も月を見ているか――拝啓、有岡大貴様

今夜は中秋の名月に当たるそうです。 東京のお天気は曇りマークですが、月は出ていますか? なんとなく、夜空を見ると、大ちゃんのことを思い出してしまうので、今日は大ちゃんに対して、今思っていることを書いてみます。 さて、私が夜空を見て大ちゃんを思…

こんな大人になってはいけない――とある一人暮らしジャニオタの一日

楽しそうだからやってみよう! というわけでやってみた。 なんのこっちゃり、になってしまったので解説してみよ。 起床 だいたい5:45くらい6:30までに弁当を作り、朝食を済ませる。 朝食はパン、ヨーグルト、コーヒー。パンさえあればよい。パン大好き。 …

安井謙太郎というアイドル

ツイッターのプロフィールを書き換えた。 ここ三か月と少しで、私が尊敬し、メロメロになり、追いかけたい、もっと君を知りたい!と思う人が増えすぎた。 相葉さん、伊野尾ちゃん、三宅さん、そして最後に、安井君というジュニアの名前を書くことになろうと…

わたしが見たかったのは、肩ごしに見える未来

今も、私の中で少しも色褪せない景色がある。 私はその景色が見たくて、その景色を見ることが出来ると信じていて、そのために彼らのコンサートに行きたかった。 私は何度でも馬鹿みたいにその景色を反芻するし、何度でもそのDVDを再生する。 「ARASHI sum…

横顔、指先、その眼差しの先――愛すべき我がフェティシズム

フェティシズム(英語:Fetishism)は、人類学・宗教学では呪物崇拝、経済学では物神崇拝と訳される。また、心理学では性的倒錯の一つのあり方で、物品や生き物、人体の一部などに性的に引き寄せられ、性的魅惑を感じるものを言う。極端な場合は、性的倒錯や…

いつだって心を震わせていたいんだ

JUMPのニューシングル発売が発表された。 事務所からのメールで第一報を知った時、言葉にならない電流みたいな喜びが、わーっと爪先から頭のてっぺんまで駆け抜けた。 嬉しい。楽しみ。嬉しい。楽しみ。嬉しい。嬉しい。嬉しすぎてどうにかなる。 いまこの瞬…

いつもひかにゃんを捕獲できない話

矢印コンのスクランブルを、もう百回は見ているくせに、まだ飽きもせず眺めながら、分かったことがある。 わたし、ずっと光くんのダンスばっかり見てる。気づくと視線が追っている。 研ぎ澄まされた神経が、指先まで張り巡らされているような、しなやかで綺…

九月やることメモ

九月にログインした。ので、今月中にやりたいこと、今ぼんやりやりたいなと思っていることを、忘れないように書いておく。 あと、ちょっとブログを秋っぽいデザインにしてみた。どうだろ? ・月9ドラマ「デート」を9/28までに全話見る。放送時、一分も見てい…

潤君32歳おめでとう!

2008年の8月31日を、私は一生忘れません。 嵐、二度目の24時間テレビ、メインパーソナリティ。 その最後に、ニノがメンバーへの手紙を読みました。 「優しい人はそこら中にいますが、あなたの優しさには温かさがあります」 ニノは潤君のことをそう表現してい…

優しさの満ちる海辺で笑っていて

前回は24時間テレビを経て、思いがけず三宅さんを発見した記事でしたが(MステのV6兄さんたち、めっちゃかっこよかった……! もはや好きしかなかった、どうしよう……!)今回は「たかちねフランス縦断各駅停車の旅」を見た記念に、髙木雄也君のことを書きた…

夏の終わりに想うこと

24時間テレビが終わりました。 これが終わったら、この夏を振り返るようなエモーショナルな記事の一つも書くんだろうと思っていたけれど、今から書こうとしているのはV6三宅健さんに関することです。そのことに、私が一番驚いています。 私の中でのV6に…

「信じる」というただ一つの剣

JUMP界隈が24時間TVを前にそわそわしているのを尻目に、「バケモノの子」をみてきた。雨が超降ってて、行こうかどうしようか迷ったけど、行きたい時が行き時だ!と思って仕事帰りにガッツ出したぜ! 以下、映画のネタバレを含むので畳みます。

進め 進め ビート感じて

大ちゃん秋ドラマ出演決定おめでとう!!!!! いやー、めでたい!! このニュースをみて、朝からテンションMAXだった。 最初の頃の記事で、大ちゃんにはお芝居か声の仕事をやってほしいと書いたんだが、まさかこんなに早く叶うなんて! 夢のよう! 神様あ…

愛しのプレイガールから、Ya-Ya-yahを知ってしまった日

この二時間で自分に起こったことを書きます。 完全に備忘録。今日感じたこの感情を、私は絶対に一生忘れたくない。 お盆休み、実家に帰るついでにブックオフに寄った。 「Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09」のDVD発見。持ってないんだから買うしかない。 …

裕翔くん 22歳おめでとう【Myojo 2014.04月号 一万字インタビュー感想を添えて】

ちょーっと遅くなってしまったけれど、中島裕翔くん、22歳おめでとう!! 本当は10日にちゃんとあげるつもりだったのだが、その時までに一万字インタビューを買おうと思っていたのに忘れていた。土曜日にそっこうアマゾンでぽちった。でもさすがに間に合わな…

JUMP大好きだよーーーー!と世界中に叫びたい【JUMPing CARnival 8/5 福岡の感想】

8/5から二日も過ぎた。それでもまだ、私は夢の中にいるみたいだ。 初めてのJUMPコン。あっという間の二時間の覚え書き。 ※セトリ・衣装・演出などネタバレ有。苦手な方は回れ右でお願いします。

伊野尾担が一日で一生分の天国を見た日【メレンゲ・らじらー・しやがれ感想】

全国の伊野尾担のみんな、生きてる??? 2015年8月1日。この日付を全伊野尾担、及びJUMP担は深く心に刻んだことだろう。 一日でこんなに萌えをこれでもかって供給されたことあった? わたしはない!! わたしの30年の人生では初めてだったよ……! まず最…

デジタリアンと嵐という船の行く先

FNSもゴチの感想も一旦脇におき、デジタリアンやっとみれたよー!ということで、つらつらと感想とも呼べないものをしたためてみた。 ちなみに、デジコンには参戦できず、なのでこのブルレイが初見です。 オープニング。真っ暗になった会場が、固唾を飲む…

担降りしていたのかもしれない話

仕事の昼休み中に、嵐のニューシングル発売決定の一報が飛び込んできた。 初回盤にはMVとメイキングに加え、何やら振付のビデオと先日のJAL特別塗装機のお披露目会見まで収録されているという。なんというサービス満点の一枚なのか。おまけ特盛パフェみた…

24時間テレビがぬるっともう始まっていた件

昨日、何十回目かのsmartコンDVD鑑賞を止めると、いきなり画面に伊野尾ちゃんが現れた。 びっくりした。24時間テレビの事前番組だった。たしか、知念先輩の出演情報がでてたような?? でも伊野尾ちゃんが! 平成のヴィーナス伊野尾がでてる!! そんなの…

無邪気さの向こうで爆ぜる火花【有岡大貴のここが好き】

私は大ちゃんの歌とダンスが好きだ。伊野尾ちゃんすらぶっちぎって、JUMPの中で一番好きだ。 伊野尾ちゃんの甘いスウィートハニーボイスと優雅なダンスも目の保養だわ、とうっとりしながら見てしまうけれど、大ちゃんのパフォーマンスを見ると、私は体の中か…

Come Back…?の中毒性と八乙女光の放つ世界

絶賛smartリピート中。「Come Back…?」から抜け出せない一週間だった。 聞き惚れるピアノの旋律に耳を澄ませた次の瞬間から、濃密さを加速させていく音色に心臓を鷲掴みにされた。 なんだこれ。こんな曲が、JUMPにあったなんて! 歌詞カードをみて、驚…

伊野尾慧一万字インタビュー 感想【Myojo 2014.3月号】

伊野尾担になって初めにしたことが、この一万字インタビューの掲載雑誌を探すことだった。 なぜなら、伊野尾慧という人物を知り、語る上で、この記事はなくてはならないものだろうと、ジャニオタとしてのアンテナが反応しまくったからだ。 地元の本屋でバッ…

どうしようもない過去を悔やんでしまう新規あるある

最近、むくむくとそういうぐしゃぐしゃの感情が沸き起こってきているので、とりあえず一旦吐き出しておこうと思った。 2008年夏、嵐に転がり落ちた時にも思ったのだ。 これまでグループが歩んできた道、ファンが支えて一緒に見てきた風景を、私も観てみたか…

動体視力を鍛えたい

先週のMステ、そして月曜のMJをエンドレスリピートしながら思った。 これ、めっちゃ動体視力必要じゃない?!?! というのも、こんなに気合い入れてJUMPのパフォーマンスを見たのが初めてだった。 え、こんなに映らないもの?とちょっと愕然とした。マジで…

25歳おめでとう

光くんと伊野尾くんのお誕生日は、いににむににと覚えるといい。私がネットで出会ったこの有り難いお言葉のおかけで、今日の日をスルーせずに済みました。良かった!自担の誕生日はジャニオタにとって一大事だ。この日ばかりは、日頃胸に秘めている自担への…

拝啓 伊野尾慧様

それは仕方ない、事故みたいなものだから。友人の言葉を借りれば、まさにこれは『事故』の一言に尽きる。6月某日、私は大阪にいた。嵐のワクワク学校に参加する為だ。チケットは取れなかったが、友人から有り難いお声かけをいただき、喜び勇んで参加した。去…