読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しさの満ちる海辺で笑っていて

前回は24時間テレビを経て、思いがけず三宅さんを発見した記事でしたが(MステのV6兄さんたち、めっちゃかっこよかった……! もはや好きしかなかった、どうしよう……!)今回は「たかちねフランス縦断各駅停車の旅」を見た記念に、髙木雄也君のことを書きたいと思います。

 

 

雄也君に関して、私はとても悔しい思い出があります。

それは私がまだJUMPを追いかけだして一か月くらいだった頃、私がJUMPアカとは別に持っている、嵐用のツイッターアカのTL上で起こりました。

TLにて、雄也くんの人となりについて尋ねるコメントが流れてきました。その時、私ぜんぜん雄也君のこと、その人に伝えることが出来なかったんですよね。私、雄也君のこと全然知らなかった。さらに、その人がもってた雄也君に対する印象があまり良くなくて、でも、私も雄也君はこんなに素晴らしい人なんだよって、伝えられる材料を持っていなくて。ただ悔しかった。絶対良い子なのに、それはJUMPを追いかけてまだ一か月の自分にもわかるくらい良い子なのに、伝えられないのが悔しくて、もどかしくて。その気持ちはこの夏の間中、ずっと私の中にありました。

 

そのためにも「早くたかちねのフランス旅をみたい!」と思い続けて、ようやく観ることが出来た今、やっと雄也君のことが書けると思いました。

 

 私、伊野尾沼に転がり落ちるまで、髙木雄也の存在を全く知らなかったんです。

ごくせんも、水球ヤンキースも見たことなくて、ほんとにこの子誰?ってのが第一印象で、雄也君を知らない人は誰もが思うであろう「クールでかっこつけてそう」っていうイメージが先行してました。だからアルバムJUMPing CARの座談会で、自分をかばってくれた伊野尾ちゃんにめちゃくちゃ無邪気な笑顔で「ありがとぉ」って言った雄也君が衝撃的で、あ、この子見た目と全然違うじゃん!って思ったのを覚えています。

 

私が今日まで見てきた雄也君は、一言で表すなら「ありがとうがちゃんと言える人」

ありがとうって心で思うより早く、口から感謝の言葉が零れてる。

自分がなかなかお礼をちゃんと言えない性格なこともあり、雄也君のそういう反射神経を、私も見習いたいし身につけたい。

それから、心に壁を持ってない、素直を絵に描いたような人だなあと思います。フランス旅の中で、泊めてもらった農場の動物が寄ってきてくれて可愛かったよね、なんて雄也君は言ってましたが、それは雄也君が周囲の人に対して心を開放していることが、動物も本能でわかるからじゃないかなと、私は勝手に思っています。

それと、ワクワク学校での共演を経て、相葉さんと早々に連絡先を交換し、めちゃくちゃ距離を詰めてきていたことに、元相葉担の私はかーなり驚きました。

あの相葉さんが?!?! マジか?!?!と思った記憶。あの人見知りで有名な相葉さんが!そんなに簡単に心を開くなんて!髙木雄也どんだけいい子なんだよ!すごいよ雄也!!とラジオ聴きながら興奮したのはいい思い出です(その後の報告がべいじゃんで聴けるのを、私はいつでも待っている……!!)

 

素直だから、嬉しいも楽しいも辛いも苦しいも全部体から滲み出ちゃうけど、その人間臭さが雄也君の魅力だなと思います。

それに雄也君の言葉は、いつもストレートで、着飾ったり、ごまかしたり、変な照れ隠しがない。

JUMPはシングルのメイキングの最後に、メンバーひとりひとりからのコメントがありますが(嵐は数年メイキングすらなかったので、最初見た時はサービスよすぎると思って震えた記憶)雄也君のコメントはストレートな感謝に溢れすぎていて、私はいつも画面のこちら側で思いっきり照れてしまいます。人は、あまりに素直な感情を受け取ると、自分も剥き出しの感情を曝け出すしかありません。雄也君が自分なりの100%の真剣さで伝えてくれる感謝に、私はいつも大変なものをもらってしまった、という嬉しさと気恥ずかしさで胸がいっぱいになります。

雄也君のその素直さはメンバーに対しても遺憾なく発揮されていて 、24時間テレビ後に更新されていたじゃんぺーぱーの大好きだよ発言は記憶に新しいところです。

思うに、JUMPメンバーの素直な感情のやり取りは、雄也君の素直さが出発点になることも多いんじゃないでしょうか。

 

海が好き、だって、海で笑顔にならない人いなくない?と公言してはばからない雄也君を見た時、ああ、この人はやっぱりアイドルになるべくしてなったんだなと思ったことを、私は昨日のように思い出します。

雄也君はその素直さと優しさがあれば、どこへ行っても大丈夫だと思うから、どんどん新しいことにチャレンジして、笑顔の多い人生を歩んでください。あと、割と感覚でぱっと動いてミラクル起こせる相葉さん体質の人だと思うので(匂いだけでレストランを見つけ出したのほんとすごい)ロケ仕事をガンガンこなしてほしいなという願望があります。

それと、私は雄也君のお声が本当に大大大好きなので、熱望してやまないのは舞台のお仕事! できればミュージカル!をやって欲しいなー!

そんな日が来るのを、私は今から遠征費を貯金しつつ、楽しみに待っています笑