読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつだって心を震わせていたいんだ

いのちゃんと私 日常のあれこれ

JUMPのニューシングル発売が発表された。

事務所からのメールで第一報を知った時、言葉にならない電流みたいな喜びが、わーっと爪先から頭のてっぺんまで駆け抜けた。

 

嬉しい。楽しみ。嬉しい。楽しみ。嬉しい。嬉しい。嬉しすぎてどうにかなる。

 

いまこの瞬間、私の胸が弾け飛んでしまったら、カラフルポップなライスシャワーみたいな光と一緒に、そういう言葉があたりにばら撒かれて、大変なことになるとさえ思った。

胸が高鳴っていた。いや、胸が高鳴る、というのはこういうことだと、私ははじめてその言葉の本当の意味を思い知らされたのだ。

こんなに一枚のシングルCDが楽しみなことがあっただろうか。

発売日をこんなにも指折り数えて心待ちにする夜が、これまでのジャニオタ人生の中でどれだけあっただろうか。

振り返って、考える。

嵐担の環境は、恵まれ過ぎなくらい恵まれていた。

CMが決まればWSで取り上げられ、イベントだってコンサートだって、半ばルーティンのように毎年アナウンスされる。

消化しきれない録画番組。待っていなくても、ちゃんと発売されるCDやアルバム。

与えられることに、私は簡単に慣れていった。いつからそうなのかも、思い出せないくらい、それが幸せなのだと気付けないくらい、私は贅沢を貪り食らい、感性を鈍化させていた。

私は馬鹿だから、いつだってこんなに大切なことを、簡単に忘れてしまえる。

CDを出してもらえること。コンサートがあること。TVに、雑誌に、銀幕に、彼らの姿を見つけられること。彼らと一緒に仕事をしたいと、思ってくれる人たちがいる幸福。

どれも当たり前なんかじゃないってことを、私はいつだって忘れていく。

次第に氾濫していく情報と日常に、感性は埋もれ、腐っていく。そして、鼻先の腐臭にすら、気づかないまま、やがて偉そうに、あれは違う、これじゃない、と選り好みまでするようになる。評論家を気取って、自分で自分の一番大切なものを汚していく。

 

ああ、忘れたくない。覚えておきたい。

いつだって、それは特別だということ。

新しいお仕事が決まることも、新しい曲が発売されることも、コンサートの幕が上がり、そして最後まで何事もなく、その幕が下りることも。

どれも当たり前なんかじゃない。

いつだってそれは、不確かで曖昧で、刹那的であるということを。

今日あった君たちの笑顔が、明日もまた続く保証なんて、どこにもない。

今日聞けた君たちの声を、明日もまた私が聴ける保証なんて、どこにもない。

忘れたくない。覚えておきたい。

たしかに君を見つけた日の喜びを。

世界が息を吹き返した瞬間の拍動を。

好きなものをただ好きなんだと、叫んで抱きしめられる幸せを。

雑音に惑わされたくない。

君の声を見失いたくない。

 

君たちの見る夢が、私の夢になればいいと、最大級のエゴで願っているんだ。

 

ずっと凍り付いて死んでいた感性が、軋みながら動き出す。

いつだって、君を、君たちを想って、心を震わせていくんだよ。震わせていたいんだよ。

 

 

特番! ドラマ! 新曲! 映画! そして映画!

次はどんな新しい姿を見せてくれるのか、期待とワクワクしかない!

この心臓が千切れそうなくらい、私を毎日ドキドキさせてくれるJUMPちゃんたちが、本当に本当に大好きだーーーーー! おしまい!!