読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斯くも儚き

日常のあれこれ

ジャニごとはあまり関係ないことを書きます。

というか、ジャニごともいろいろ書きたいことは山ほどある。
でも私の中ではまず、この話をしなくては何も整理がつかない。
それは今回の熊本地震にまつわる話だ。


突然だが、私は福岡市に住んでいる。
前震でも本震でもそれなりに揺れた。
でもちゃんと今、日常を送れている、ような気がする。
送れている、と断言出来ないのは、地震の前と完璧に何一つ変わらないとは言えないからだ。
本震の後、格段に減ったけれど、余震はまだある。それだけのことと言ってしまえばそれだけのことで、だから何か被害があるとか、生活に支障をきたしているとか、そういうことはないけれど、でも。

非日常が日常になった。

大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、私の感覚はこれが一番近い。
多少の揺れには何も感じなくなっていく。被災地の報道が当たり前になって、なんとなく、アイドル最高いえーいみたいなこと、言ったらダメみたいな空気で。
被災した方々に比べたら、全然大したことない。
でも、真綿でじりじり首を絞められているみたいだ。

テレビをあまり見なくなった。
自分でも無意識に地震の話題から目を背けている。どうしてだか、ずっと放置してたモンハンばっかりやってたりする。

日常とはかくも儚いものだったかと痛感する。
後少し震源地がズレていたら、今日ここに私が居ない現実だってあった。
日常なんて、薄氷の上の幻に過ぎなかったという感覚が、私を生き急がせる。今しかない。今日しかない。私の時間。私の人生。
日々がちゃんと繋がっていく保証はどこにもないぞ。やるなら今だ。会いたい人に会いに行かないと。伝えられるうちに伝えないと。君たちが、ジャニーズが、大好きだって。

今ものすごく現場が恋しい。
アイドルの見せる非現実が恋しい。
夢のようで、夢じゃない。
何よりも確かに、私が生きていることを実感する、あの世界が恋しい。

週末にはグローブ座で思いっきり笑いたい。
東京ドームで音と光の海に溺れたい。

私は私の日常を、取り戻しに行く。

広告を非表示にする