読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのちゃんと私

26歳おめでとう

一年前、あなたの25歳をお祝いしたくて始めたブログが、無事一歳をむかえました。 私の人生でかつてない激動の一年は、おそらく、伊野尾ちゃんにとっても、そして、伊野尾担の人たちにとっても、激しいうねりの中、互いの呼び声だけを頼りに、手探りで進むよ…

Beautiful World ~JUMPing CARnival count down 2015-16~

この記憶は、絶対に誰にも、何にも、上書きさせないと、私は私に誓った。 Hey! Say! JUMP15-16 カウントダウンコンサート。 とてもありがたいご縁をいただけて、30日と31日の2部に入ってきました。 以下はレポというか、感情の覚書きみたいなもので、メモも…

207日

あれはまだ夏の入り口だった。 思えばあの日は、一度諦めた日だった。 チケットが取れないことを、当たり前だと思い始めてどれくらい経っていただろう。 Hay! Say! JUMPって何人いるんだっけ?なんて言いながら、ドームに向かったあの日を、今も、昨日のこと…

君たちに見る永遠、君たちと感じたい刹那

嵐の2015コンサートツアーの当落発表も終わり、今年の終わりが近づいているのを肌で感じる今日この頃。 もう息をしていないと思われていた自分名義は、今年見事に仕事をこなし、無事嵐に会えることと相成った。 2013年LOVEツアー以来なので二年ぶり。まだ実…

いつだって心を震わせていたいんだ

JUMPのニューシングル発売が発表された。 事務所からのメールで第一報を知った時、言葉にならない電流みたいな喜びが、わーっと爪先から頭のてっぺんまで駆け抜けた。 嬉しい。楽しみ。嬉しい。楽しみ。嬉しい。嬉しい。嬉しすぎてどうにかなる。 いまこの瞬…

どうしようもない過去を悔やんでしまう新規あるある

最近、むくむくとそういうぐしゃぐしゃの感情が沸き起こってきているので、とりあえず一旦吐き出しておこうと思った。 2008年夏、嵐に転がり落ちた時にも思ったのだ。 これまでグループが歩んできた道、ファンが支えて一緒に見てきた風景を、私も観てみたか…

25歳おめでとう

光くんと伊野尾くんのお誕生日は、いににむににと覚えるといい。私がネットで出会ったこの有り難いお言葉のおかけで、今日の日をスルーせずに済みました。良かった!自担の誕生日はジャニオタにとって一大事だ。この日ばかりは、日頃胸に秘めている自担への…

拝啓 伊野尾慧様

それは仕方ない、事故みたいなものだから。友人の言葉を借りれば、まさにこれは『事故』の一言に尽きる。6月某日、私は大阪にいた。嵐のワクワク学校に参加する為だ。チケットは取れなかったが、友人から有り難いお声かけをいただき、喜び勇んで参加した。去…