読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は『希望』といま知った【24コン発売おめでとうございます】

ここで終わり、でいいのかもしれない、と思った日がある。それがいつかって言ったらそりゃあ1月24日のあの日で、2008年からジャニオタになって、8年経って、その8年の間にずっと、見たいと思っていた景色が、熱が、あの日目の前にあって、ああ、今日この日の…

Defiledの戸塚くん【福岡公演 5/19.20】

A.B.C-Zの戸塚君が、舞台「Defiled」をやるよっていうお知らせがメールで届いたのは今年に入ってすぐだった。 勝村政信さんとの二人芝居で、しかも福岡でもやるという。遠征せずに見られる現場、本当にありがとう。申し込んで、当選して、チケットが届いて、…

たぶん、愛の話 【STAGEツアー総括】

「Sexy Zone sexy tour 2017~STAGE」が終わりました。 この春の記憶を書き残したい。でも、何から書いたらいいのかわからない。書いたら、終わってしまう。本当に終わってしまう。そういう謎の恐怖というか、躊躇いというか、葛藤というか、寂寥があって、…

溢れた音楽は、前にしか進まない【Sexy Zone STAGEツアーのこと】

ちょうど一年前、マリンメッセ福岡で、初めてSexy Zoneのコンサートに入った。めちゃくちゃ楽しくて、次のコンサートも絶対行きたいと思ったことを、今もはっきりと覚えている。だって、予感があった。 ウェルセクコンで、perfect portionを歌い踊る5人を見…

恋では長く、愛には短かすぎて〜23歳おめでとう〜

あ、星が零れた。 あの日、脳裏に焼き付いた記憶と感情を今も、鮮明に覚えています。 くるんと回った健人君の体から、ぽろぽろと真白い星が宙に溢れて、信じられないくらい美しかった。 その細身に見える体つきに反して、太鼓を叩く腕の、力強い筋肉の動き。…

さよならだけが人生だ

その時が最初で最期だったこと、私はいつも無くしてから気づく。 私が彼を彼として視認したのは、1月2日のジャニーズ・オールスターズ・アイランドだった。 戸塚さんのソロ。その時に、戸塚さんの左側で踊っていた彼は、真白い肌に照明がキラキラと反射し…

君が愛してるぜーーー!!と叫んだ夜を、僕は忘れない【ジャニーズWEST2017tour なうぇすと福岡公演】

なうぇすと福岡公演行ってきたぜーーーーーー!!イェイイェイ!!お疲れっしたーーーーーーー!!!!! 最高だったっス!WESTさーーーーーん!!!!!!! 私のなうぇすとは終わってしまったので、恒例の(?)感想記事で締めときたいと思います!ここま…

「らしさ」こそ君たちの誇り【A.B.C-Z新曲Reboot!!!の話】

今年5周年の節目を迎えるA.B.C-Zが、2017年一発目に出すシングル「Reboot!!!」 そのMVが明日解禁されます!!ソースはこれだ!→http://abcz.ponycanyon.co.jp/media/index.html みんな、明日はZIP!だぞ〜! それはさておき、この「Reboot!!!」発売情報が流れ…

相葉さんが泣いちゃった

明けましておめでとうございます! 新年一発目からこのタイトルもどうなんだって感じですが、書きたい気持ちがどうにも収まらないもので、ぽつぽつiPhoneに向かう始発電車です。去年はJUMPのカウコンに行っていたのでリアタイ出来なかった紅白歌合戦。 今年…

点と点を結んで生きる 【2016年まとめ】

私は「一人」が好きだ。 休日も大抵一人だし、映画もご飯も一人で行くし、遠征だって一人で札幌ドームまで行った。誰もいない静かな部屋で、大好きなアイドルのコンサートDVDを見たり、本を読んだり、考察を捏ね繰り回して、こうしてブログを書いたりする、…

アップデートした僕らは 【ジャニーズWEST 1stドームコンサート 24から感謝届けます】その2

ずっと書きたい、書きたいと思いながらやっと仕事を納めた本日、Wordを開いて思いました。何を書こうか。ずっと、考えていたこと。胸の中に確かにあるのに、全然形にならない、よくわからない感情。 いつもコンサートが終わると、ロスだー!と自分でどうしよ…

燦然と咲き誇れ【ジャニーズWEST 1stドームコンサート 24から感謝届けます】その1

これ、初日が終わって書いてます。公開するのは全部終わったらですけどね、もう書かずにおれるかコンチクショウ!!って感じ。鉄は熱いうちに打とう!!みたいなね!セトリは仕事人の方々にお任せするとして、私が今回のこの1stドームコンサートで思った事は…

「その時」まで秒読みの朝に

hakumailove622.hatenablog.jp 私が上の記事を書いてから、ちょうど11か月が経ちました。 まだたったの11か月。一年も経っていないのに、あの日見た景色は、全部夢だったんじゃないか、私の都合のいい妄想だったのではないか、そんなことを思う日が増えまし…

無敵のシンメ 松松の話

11月15日。退勤した職場で私は悲鳴を上げそうになった。 事務所からのメール。光一君主演の舞台「Endless SHOCK」公演決定の文字。その出演者の中に、松田元太と松倉海斗の名前を見つけたからだ。 松松が揃ってSHOCKの舞台に立つ。たったそれだけのことが、…

拝啓、相葉雅紀様 ~紅白歌合戦司会決定に寄せて~

私が相葉さんを知ったのは、2008年の夏でした。 あの年は、あれから八年が経った今考えてみても、一番相葉さんがゆっくり過ごせた年だったんじゃないかなと思います。ぶっちゃけ、レギュラー以外の仕事が無かったよね。他のメンバーは、やれオリンピックのキ…

きみはぼくのほし【A.B.C-Z SLT Concert 10/1-2】

7/30の「ハシツアーズ」で幕を開けた私の夏の現場は、この10月のえびコンでようやく終わりをむかえた。 コンサートの余韻が覚め、この夏を反芻しながら思うのは、私が自覚していたよりずっと、この2016年の夏の端々に、A.B.C-Zがいた、ということだ。 ハシツ…

きっと、同じ血の色をしている

いつだって、それは境界線の向こうの、別の世界の出来事だった。 ステージの上、華やかな場所の真ん中で、歌って踊って、笑って。キラキラの光を纏ってそこにいた君達が今日、ステージを降りて、目の前にいた。 以下、もうただただ今日の握手の感想文です。…

この馬鹿馬鹿しいほどに騒々しい、煌びやかで華やかでトンチキな世界を愛してる

動揺した。今年で一番動揺した。田口くんが、帰ってくる。 ステージの上に、帰ってくる。 そりゃそうだろうなと思う。彼のダンスは、それだけで誰かの世界を変える。そういう力を持っている。そんな彼が、あの世界に愛されない道理がない。神様が諦める訳が…

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

okometokaraage.hatenablog.jp とても面白そうだったのでやりまーす。 じゃにーずおたく自己紹介ばとん【名前】 れんれん【今の担当は?(複数可)】 3人います。名前:伊野尾慧 好きなところ:神様の最高傑作だと信じてやまない圧倒的に美しいお顔とピアノを…

彼は誰時に佇む君へ 〜24歳おめでとう〜

網膜を灼く空の青。陽炎に落ちた汗。遠ざかる夕立の匂い。真っ直ぐに天を仰いだ向日葵。火照った頬を撫でていく黄昏時の風。 どこを切り開いても、胸を掻き毟りたくなるような切なさが零れ落ちる、夏の終わりの記憶たち。私にとって重岡君は、その全部を詰め…

君たちは、古い武器を捨てて行く 【JUMPツアー2016 DEAR.】

※一部、曲名や衣装などツアーのネタバレを含んでいます。

踊る、かみさまの子供たち

歓声が弾けるソーダ水の底にある、泡沫のお城で、神様の子供たちはみな踊る。 初めてJr.の現場に足を運んだ。 六本木EXシアターまでの道にも、そして当の建物の二階広場にも、若くて可愛い子がひしめき合っていた。 幸いなことに曇天の空。刺すような陽射し…

誰かが夢を見る限り ~A.B.C-Z Early summer concert~

ハシツアーズのロスがすごくてしんどいので、やっぱり買ってしまいました…。 「A.B.C-Z Early summer concert」 三月にダヴィンチと花言葉のDVDを買ったものの、そこからめちゃくちゃA.B.C-Zを勉強してきたわけじゃない状態で、ただただ歌って踊るはっしーが…

続けラインダンス ~ハシツアーズ もうかわいいなんて言わせない 7/30 一部~

※セトリネタバレあります!

20歳おめでとう

今日が早く来てほしくて、でもいざ今日が近づくにつれ、なんとも形容し難い、一抹の寂しさと名残惜しさを拭い去れないまま、どうしよう、どうしようもないと時の流れの正確さに茫然と立ち尽くし、今日この日がやって来ました。 20歳の小瀧くん、こんにちは…

NEWSを知っているつもりでいた私へ~「恋を知らない君へ」の話~

ああ、これは好きになる曲だ。 はじめてラジオで流れた音源を聴いた時、はっきりとそう思った。 一度聴いたら忘れられない曲。この夏にふさわしい曲。忘れたくない夏を、さらに忘れられないものに変える曲。NEWSの「恋を知らない君へ」は、その最初の一音か…

君たちという道標は強い ~ Take a”5” Train ~

アラームを鳴らすiPhoneを手探りで止めて、あと少し、と思って惰眠を貪る。 何度目かのアラーム。もう部屋の暑さで目が覚める。起きて、弁当を詰め、朝食をかきこんで身支度を済ませ、家を出る。 職場までは片道30分。いくつかあるセットリストから、その日…

26歳おめでとう

一年前、あなたの25歳をお祝いしたくて始めたブログが、無事一歳をむかえました。 私の人生でかつてない激動の一年は、おそらく、伊野尾ちゃんにとっても、そして、伊野尾担の人たちにとっても、激しいうねりの中、互いの呼び声だけを頼りに、手探りで進むよ…

働く男はかっこいい!【6/15 リトラの話】

みなさんは、テレ東で毎週水曜深夜に放映中の「リトルトーキョーライフ」通称リトラをご存知だろうか? JUMPとWESTが隔週で登場するこの番組。 最近はもっぱら、色んなバイトに派遣されていて、知念ちゃんが達磨に色を塗りたくったり、髙木くんがゴム製の被…

君たちと光の縁を歩く

一個下の記事はパリピポご紹介記事でしたが、こちらではパリピポツアーを見終えての今のWESTメンバーに関する独り言をつらつらと。 重岡君 淳太君には仮にもセンターなんやから、ステージの上ではふざけるのは我慢してほしい、と言われていた重岡君ですが、…

これが Invitation! ~ジャニーズWESTが気になるあなたへ「1stツアー パリピポ」のすゝめ~

待ちに待って待ちくたびれて化石になりそうだった、ジャニーズWESTの1stツアー「パリピポ」のブルーレイ&DVDが、この5/18にめでたく発売されました。やったーーーーー!!!!!!! このパリピポに参加した人たちの口から漏れ聞こえてきていた「パリピポ最…

貴方が笑っているという完璧な世界の記憶 【4/29 市場三郎~温泉宿の恋~】

4/29の10Ks!の前に、市場三郎さんに会ってきました。ちょこっとだけ、舞台の内容に触れています。

希望の岸辺で、君たちを待ってるね 【KAT‐TUN 10Ks! ツアー4/29】

10Ks!に行ってきた感想とかとか。ネタバレちょっとだけあります。

斯くも儚き

ジャニごとはあまり関係ないことを書きます。というか、ジャニごともいろいろ書きたいことは山ほどある。 でも私の中ではまず、この話をしなくては何も整理がつかない。 それは今回の熊本地震にまつわる話だ。 突然だが、私は福岡市に住んでいる。 前震でも…

屈折率2.42 ~ダ・ヴィンチと花言葉とエンターテイメントの力~

「ダ・ヴィンチに愛されている」 私のTLのえび担の皆さんが、口々にそう呟いてちょっとした祭りのようになった3月半ば。ちょうどA.B.C-Zの新曲「花言葉」のDVD発売も相まっていた頃で、他担の人もこぞってそれらを購入しては、その中身の充実っぷりに感嘆の…

星を降らせる王子様の話 【Welcome to Sexy Zone 4/2福岡】

公演のネタバレはありません。感じたことをつらつらと。 大人じゃない。子供じゃない。大人と子供の境界線の上にいる時、世界はとても理不尽で、狭くて、息苦しくて、許せないことばかりだった。 一人前だと虚勢を張ってみれば、甘い考えだと一笑に伏され、…

圭人くん、お誕生日おめでとう

大事なことは、いつだって目に見えない。 たとえば、今日もいい天気だったとか、ご飯がおいしいとか、1日怪我も病気もしなかったとか、たまたま見たテレビ番組で死ぬほど笑えたとか、幸せって特別でもなんでもない、日常の隙間にぽろぽろ落ちているものだっ…

We had to say good-bye.

どうか、盤石の幸せを。 君のことを、覚えておくね。 世界をめちゃくちゃに揺らしながら踊っていた、いつも笑顔だった君のことを、最後まで笑顔だった君のことを、覚えておくね。 あの日のこと。真っ赤なコート。嘘みたいに完璧だったダンス。最後の生放送。…

僕たちの前に道はない

久しぶりにKAT‐TUNの話をする。 本当は10Ks!コンに入ってから、KAT‐TUNへの気持ちをまとめたいなと思っていたけれど、実際に私が入るのはまだ一か月も先なので、今の気持ちを忘れないように、一度ここに吐き出しておく。 嵐は「いつかトップに立つ」のが夢…

花の名は、Sexy Zone ~Welcome to Sexy Zoneのすゝめ~

また、すごい若い子たちが階段百段くらい飛ばしてデビューしたな。 Sexy Zoneがデビューした時、生粋の嵐担だった私の、Sexy Zoneに対する最初の感想はそれだった。 メンバーの年齢に対してグループ名が大人っぽくて、中身と外見がちぐはぐだなあと思った。…

これを倖せと呼ぼう 〜(ジャニーズWEST)に思うこと〜

胸の奥がじんと痺れる。 嬉しさ。誇らしさ。待ち遠しさ。 どれも当てはまる気がしたし、どれも違う気もした。ひとかけの切なさが、そこには混じっている。 新しいお仕事の発表が続いている。 小瀧くんの連ドラ確定に続き、重岡くんの映画出演が正式に発表さ…

ありのまま、君のまま、幸せを振りまいて

たとえば、「努力」なら山田涼介。 「真心」なら三宅健。 「笑顔」なら相葉雅紀。 「美しさ」なら伊野尾慧。 私の中には、言葉から連想されるアイドルが決まっている。 「幸福」なら、小瀧望。 君は幸せの匂いがするね - 白米をお腹いっぱい食べさせたい 私…

さよならは似合わない

Mステを見た。WaTの最期を見た。 彼らを見ようと思っていたわけじゃないのに、期せずして見ることになった。ああ、うまく言葉にならない。 涙が零れた。 WaTの歩いてきた道なんて、ほとんど何も知らなくて、なのに、どうして、何かが終わる時、放たれる光は…

なにわ侍をみました【ジャニーズWEST結成2周年おめでとう】

君たちにこれから降り続く現実が、どうか、優しい世界でありますように。 「なにわ侍 ハローTOKYO!!」を見た。 まあまあふざけたタイトルのくせに、初っ端からメンタルをがっすがす抉られて、なんだかずっと、生きた心地がしなかった、というのが正直な今の…

人生は笑顔でいれたらマルモウケ 【ジャニーズWEST ラッキィィィィィィィ7公演感想】

前回は感情の走るままに書いたエモさ大爆発の記事だったので、気持ちのクールダウンを一週間かけてやったところで、冷静にコンサートの覚書を書きたいと思います。いぇい。 セトリに触れますので、ネタバレあります。ご注意ください。

どうか、消えずの灯火であれ【ジャニーズWEST ラッキィィィィィィィ7 福岡24日一部】

私はあと何度、こんな景色を見られるだろう? 私たちはあと何度、こんな日を彼らと一緒に作れるだろう? 四十年ぶりだか、八十年ぶりだかわからない大寒波の襲来で、1月24日の福岡は朝から交通網が乱れていました。ちらつく雪の中、バスやタクシーを待ち、み…

明日のわたしへ、明日の君へ

あの頃の未来に、僕らは立っているのかなぁ。 「夜空ノムコウ」がヒットしたのは、私が中学生の時だった。 当時の私には、この歌の良さが、いまいちピンとこなかった。 それもそのはずで、たかだか13、4年しか生きていなかった当時の私には、ふと振り返りた…

Beautiful World ~JUMPing CARnival count down 2015-16~

この記憶は、絶対に誰にも、何にも、上書きさせないと、私は私に誓った。 Hey! Say! JUMP15-16 カウントダウンコンサート。 とてもありがたいご縁をいただけて、30日と31日の2部に入ってきました。 以下はレポというか、感情の覚書きみたいなもので、メモも…

207日

あれはまだ夏の入り口だった。 思えばあの日は、一度諦めた日だった。 チケットが取れないことを、当たり前だと思い始めてどれくらい経っていただろう。 Hay! Say! JUMPって何人いるんだっけ?なんて言いながら、ドームに向かったあの日を、今も、昨日のこと…

あかるいぜつぼうのみらいで ~一万字インタビューの話~

Myojoの一万字インタビューを読んだ。ライターさんの質問がけっこう切り込んでて、しかも的確にヲタクが訊きたいと思うようなことをきいてくれていて、正直、痒いところに手が届いた感じがした。田口くんの回答は、私の予想とそう大きくは違わなかった。少し…