平野くんの想い出

2年前の夏、EXシアター。 スタンディングの、ステージから三列目くらいのどセンター、0番の位置に、一人の女性がいた。 めちゃくちゃ仕事出来そうな、クールビューティという言葉がぴったりな人。黒のロングヘアが印象的だったその人は、開演までの間、ずっ…

フィルター越しに見た君の、【XYZ repainting tour 総括】

ツアーが始まる前、漠然と思っていたことがある。 去年のSTAGEツアーがあまりにも良すぎたから、そのハードルをどうやって超えてくるんだろう、超えられるんだろうか、という期待半分、不安半分。 だって、去年のSTAGEツアーの良さって、五周年というアニバ…

強烈な努力 【SexyZoneのたった3日間で人生は変わるのか】

努力、と聞くと必ず思い出す言葉がある。 「強烈な努力」 昭和を代表する囲碁棋士、藤沢秀行名誉棋聖の言葉だ。 死の間際、言葉を発することも、筆をとることも出来なくなった病床で、気力だけで書きつけられた言葉「強烈な努力」 私は今でも、この言葉を思…

なんと言われようとあなたの行く末を案じてやまない #あなたへ担降り

今日という1日が終わる時に、あなたの笑顔を抱いて眠ろう。 けぶる白いスモークの中に現れたあなたは、たしかに生きていた。 当たり前だ。でもその当たり前のことが、ただ、嬉しい。 光を乱反射させる衣装。 何度だって息を呑むほどに長い足。 光を纏わせた…

飛行機が、飛ばなかった日

3月24日 Sexy Zone repainting ツアー初日。 いやあ、この日をね、首をなっがーーーーくして待ってたわけです。ツアーの発表があった三か月前から。 チケットは外れたけど、ありがたいお声かけを頂いて同行させて頂けることになり、三月の札幌って雪大丈夫か…

研いだ爪隠さず牙剥くターンがついにきた【Sexy Zone「XYZ=repainting」全曲初聞きレビュー】

ついにSexy Zoneのニューアルバムが発売になりました!めでたい!! というわけで、前からやりたいと思ってた、アルバム全曲レビューを初聴の一回だけでばばっとやります。買おうか迷ってる他担の人たちの参考にでもしていただけると嬉しい。参考になるよう…

ジャニオタ、引っ越しをする(した)

完全に自分用の備忘録なんで有益な情報は何もないんですけど、実は1月に引っ越しをした。Westival福岡初日の日にね。その次の日が今年初現場(Westival福岡最終公演)という鬼スケジュールでやってやったさ…!ばかすぎる!! 未来の自分へ。二度と止めて下さ…

Song for youという約束 【12/10 嵐Untitled 福岡公演】

2017年12月10日。ヤフードームにいた。 記憶は細部から抜け落ちて、ただ、胸に焼きついた感情と記憶の覚書を、未来の自分の為にと思うと、真っ先に思い出されるのが、ムービンステージでARASHIを歌いながらメインステージに戻っていく五人の姿だ。過去と今と…

もうげんげんなんて呼べない 【ミクロワールド・ファンタジア 大阪 8/5】

私が初めてこの目で元太君を見たのは、去年の8/11だった。 六本木の地下室に、松倉君と2人、肩を並べて飛び出てきた瞬間のことを、今も、今でも思い出す。 振り仰いだその先のバルコニーが、そこだけキラキラ輝いて、若い力が弾けて笑顔に変わり、降り注ぐの…

27歳おめでとう

伊野尾ちゃんが27歳になった。 26歳の伊野尾ちゃんは、相も変わらず美しかった。また「美しい」という言葉以上に、伊野尾ちゃんにぴったりな言葉を見つけられない一年だった。慌ただしく過ぎた2016年。7月のドラマ「そして誰もいなくなった」では、最終回で…

君の名は『希望』といま知った【24コン発売おめでとうございます】

ここで終わり、でいいのかもしれない、と思った日がある。それがいつかって言ったらそりゃあ1月24日のあの日で、2008年からジャニオタになって、8年経って、その8年の間にずっと、見たいと思っていた景色が、熱が、あの日目の前にあって、ああ、今日この日の…

Defiledの戸塚くん【福岡公演 5/19.20】

A.B.C-Zの戸塚君が、舞台「Defiled」をやるよっていうお知らせがメールで届いたのは今年に入ってすぐだった。 勝村政信さんとの二人芝居で、しかも福岡でもやるという。遠征せずに見られる現場、本当にありがとう。申し込んで、当選して、チケットが届いて、…

たぶん、愛の話 【STAGEツアー総括】

「Sexy Zone sexy tour 2017~STAGE」が終わりました。 この春の記憶を書き残したい。でも、何から書いたらいいのかわからない。書いたら、終わってしまう。本当に終わってしまう。そういう謎の恐怖というか、躊躇いというか、葛藤というか、寂寥があって、…

溢れた音楽は、前にしか進まない【Sexy Zone STAGEツアーのこと】

ちょうど一年前、マリンメッセ福岡で、初めてSexy Zoneのコンサートに入った。めちゃくちゃ楽しくて、次のコンサートも絶対行きたいと思ったことを、今もはっきりと覚えている。だって、予感があった。 ウェルセクコンで、perfect portionを歌い踊る5人を見…

恋では長く、愛には短かすぎて〜23歳おめでとう〜

あ、星が零れた。 あの日、脳裏に焼き付いた記憶と感情を今も、鮮明に覚えています。 くるんと回った健人君の体から、ぽろぽろと真白い星が宙に溢れて、信じられないくらい美しかった。 その細身に見える体つきに反して、太鼓を叩く腕の、力強い筋肉の動き。…

さよならだけが人生だ

その時が最初で最期だったこと、私はいつも無くしてから気づく。 私が彼を彼として視認したのは、1月2日のジャニーズ・オールスターズ・アイランドだった。 戸塚さんのソロ。その時に、戸塚さんの左側で踊っていた彼は、真白い肌に照明がキラキラと反射し…

君が愛してるぜーーー!!と叫んだ夜を、僕は忘れない【ジャニーズWEST2017tour なうぇすと福岡公演】

なうぇすと福岡公演行ってきたぜーーーーーー!!イェイイェイ!!お疲れっしたーーーーーーー!!!!! 最高だったっス!WESTさーーーーーん!!!!!!! 私のなうぇすとは終わってしまったので、恒例の(?)感想記事で締めときたいと思います!ここま…

「らしさ」こそ君たちの誇り【A.B.C-Z新曲Reboot!!!の話】

今年5周年の節目を迎えるA.B.C-Zが、2017年一発目に出すシングル「Reboot!!!」 そのMVが明日解禁されます!!ソースはこれだ!→http://abcz.ponycanyon.co.jp/media/index.html みんな、明日はZIP!だぞ〜! それはさておき、この「Reboot!!!」発売情報が流れ…

相葉さんが泣いちゃった

明けましておめでとうございます! 新年一発目からこのタイトルもどうなんだって感じですが、書きたい気持ちがどうにも収まらないもので、ぽつぽつiPhoneに向かう始発電車です。去年はJUMPのカウコンに行っていたのでリアタイ出来なかった紅白歌合戦。 今年…

点と点を結んで生きる 【2016年まとめ】

私は「一人」が好きだ。 休日も大抵一人だし、映画もご飯も一人で行くし、遠征だって一人で札幌ドームまで行った。誰もいない静かな部屋で、大好きなアイドルのコンサートDVDを見たり、本を読んだり、考察を捏ね繰り回して、こうしてブログを書いたりする、…

アップデートした僕らは 【ジャニーズWEST 1stドームコンサート 24から感謝届けます】その2

ずっと書きたい、書きたいと思いながらやっと仕事を納めた本日、Wordを開いて思いました。何を書こうか。ずっと、考えていたこと。胸の中に確かにあるのに、全然形にならない、よくわからない感情。 いつもコンサートが終わると、ロスだー!と自分でどうしよ…

燦然と咲き誇れ【ジャニーズWEST 1stドームコンサート 24から感謝届けます】その1

これ、初日が終わって書いてます。公開するのは全部終わったらですけどね、もう書かずにおれるかコンチクショウ!!って感じ。鉄は熱いうちに打とう!!みたいなね!セトリは仕事人の方々にお任せするとして、私が今回のこの1stドームコンサートで思った事は…

「その時」まで秒読みの朝に

hakumailove622.hatenablog.jp 私が上の記事を書いてから、ちょうど11か月が経ちました。 まだたったの11か月。一年も経っていないのに、あの日見た景色は、全部夢だったんじゃないか、私の都合のいい妄想だったのではないか、そんなことを思う日が増えまし…

無敵のシンメ 松松の話

11月15日。退勤した職場で私は悲鳴を上げそうになった。 事務所からのメール。光一君主演の舞台「Endless SHOCK」公演決定の文字。その出演者の中に、松田元太と松倉海斗の名前を見つけたからだ。 松松が揃ってSHOCKの舞台に立つ。たったそれだけのことが、…

拝啓、相葉雅紀様 ~紅白歌合戦司会決定に寄せて~

私が相葉さんを知ったのは、2008年の夏でした。 あの年は、あれから八年が経った今考えてみても、一番相葉さんがゆっくり過ごせた年だったんじゃないかなと思います。ぶっちゃけ、レギュラー以外の仕事が無かったよね。他のメンバーは、やれオリンピックのキ…

きみはぼくのほし【A.B.C-Z SLT Concert 10/1-2】

7/30の「ハシツアーズ」で幕を開けた私の夏の現場は、この10月のえびコンでようやく終わりをむかえた。 コンサートの余韻が覚め、この夏を反芻しながら思うのは、私が自覚していたよりずっと、この2016年の夏の端々に、A.B.C-Zがいた、ということだ。 ハシツ…

きっと、同じ血の色をしている

いつだって、それは境界線の向こうの、別の世界の出来事だった。 ステージの上、華やかな場所の真ん中で、歌って踊って、笑って。キラキラの光を纏ってそこにいた君達が今日、ステージを降りて、目の前にいた。 以下、もうただただ今日の握手の感想文です。…

この馬鹿馬鹿しいほどに騒々しい、煌びやかで華やかでトンチキな世界を愛してる

動揺した。今年で一番動揺した。田口くんが、帰ってくる。 ステージの上に、帰ってくる。 そりゃそうだろうなと思う。彼のダンスは、それだけで誰かの世界を変える。そういう力を持っている。そんな彼が、あの世界に愛されない道理がない。神様が諦める訳が…

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

okometokaraage.hatenablog.jp とても面白そうだったのでやりまーす。 じゃにーずおたく自己紹介ばとん【名前】 れんれん【今の担当は?(複数可)】 3人います。名前:伊野尾慧 好きなところ:神様の最高傑作だと信じてやまない圧倒的に美しいお顔とピアノを…

彼は誰時に佇む君へ 〜24歳おめでとう〜

網膜を灼く空の青。陽炎に落ちた汗。遠ざかる夕立の匂い。真っ直ぐに天を仰いだ向日葵。火照った頬を撫でていく黄昏時の風。 どこを切り開いても、胸を掻き毟りたくなるような切なさが零れ落ちる、夏の終わりの記憶たち。私にとって重岡君は、その全部を詰め…